equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
トップページへ戻る

         株式会社東都冶金の熱処理メニュ−

          下記以外の処理でも、弊社の協力会社の設備で処理出来る場合がありますので、何でもご相談ください。

設備 分類 加工種類 説明
真空熱処理   硬化処理 焼入 焼入れ温度から急冷します。硬さが増大するので引張強さや耐摩耗性が向上します。
焼戻し 焼入れ後に再度加熱します。使用目的に適した硬さや靭性、金属組織に調整します。
時効処理 時効処理温度に加熱・保持します。保持時間の経過とともに硬さが変化します。
析出硬化処理 析出硬化処理温度に加熱・保持します。合金元素の析出により硬さが増大します。
溶体化処理 溶体化(固溶化)温度から急冷します。析出物を固溶させることで耐食性等が向上します。
固溶化処理 同時に応力除去や硬さの低下に効果が有ります。
安定化処理 溶体化(固溶化)処理後に安定化処理温度に再加熱・保持します。
安定な炭化物として炭素を固定する事で粒界腐食を抑制します。
真空脱ガス 真空中で加熱・保持します。製品内部の残留ガスや溶接部の残留ガスを除去します。
焼ならし 焼ならし温度から空冷します。正常な組織に調整します。焼鈍処理に比べて硬さが増します。
調整処理 拡散処理 HIP処理後に再加熱・保持します。拡散が促進されるので接合力が増加します。
軟化処理 焼鈍 焼鈍温度から徐冷します。硬さが低下します。
磁気焼鈍 磁気特性の向上を目的として焼鈍します。
雰囲気:真空 結晶粒の粗大化や応力除去によって磁気特性が向上します。
温度:最高1250℃ 応力除去 応力除去を目的として焼鈍します。加工の応力を除去し、割れ等の不具合を防止します。
中間焼鈍 加工と加工の間で焼鈍します。加工硬化した材料が軟化し、次工程の加工性が向上します。
成形焼鈍 板材を成形治具に拘束して焼鈍します。焼鈍と同時に成形が可能です。
プレステンパー 板材を治具で拘束して焼鈍します。焼鈍と同時に板材を平坦にすることが可能です。
溶接後熱処理 溶接応力を除去する目的で行います。溶接の応力を除去し、割れ等の不具合を防止します。
接合処理 ろう付け ろう材を使用して金属材料を接合します。ろう材は銀、銅、ニッケル等が対応可能です。
熱圧着 板材を治具で拘束して処理します。板と板とを接合します。
HIP処理 拡散接合 高温度・高圧力を利用して材料同士を接合します。
焼結 粉末材料を加圧焼結します。
調整処理 内部欠陥除去
雰囲気:アルゴン 焼結品の残留空孔を除去します。
温度:最高1400℃ 鋳造品の内部欠陥を除去します。
圧力:最高1500kgf/cm2
サブゼロ処理 サブゼロ処理 焼入れ後に-80℃まで再冷却します。硬さの増大、経年変化の抑制に効果が有ります。
大気熱処理 硬化処理 焼戻し 焼入れ後に再度加熱します。使用目的に適した硬さや靭性、金属組織に調整します。
時効処理 時効処理温度に加熱・保持します。保持時間の経過とともに硬さが変化します。
雰囲気:大気 析出硬化処理 析出硬化処理温度に加熱・保持します。合金元素の析出により硬さが増大します。
温度:最高600℃ 軟化処理 焼鈍 焼鈍温度から空冷します。硬さが低下します。
脱脂処理 その他 脱脂洗浄(真空) 炭化水素系洗浄剤を使用して油分を除去します。